トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

あなたの作文から削除すべき10の単語

あなたの作文から削除すべき10の単語


(注:この文章はこのサイトを翻訳したものです。翻訳の正確性については保証できません。)

Mark Twain は "I didn't have time to write a short letter, so I wrote a long one instead.(短い手紙を書くための時間がなかった、だから長く書いた。)" と記しました。彼は何が言いたかったのでしょうか。「説得力のある文とは無駄の少ない文である」ということです。

Just

"Just" は文体を弱めるつなぎ語です。それを取り除いても文の意味に影響を与えることはほとんどなく、むしろ文章を引き締めます。

Really

"really"を用いるのは、一例として、話し言葉を書くときです。文章には訳さない、口語的な強調です。会話では頻繁に使われますが、文章では不必要です。例えば岩が "hard" と "really hard" であると言う場合の違いを考えてみましょう。"really" が何か付け加えましたか?あなたのメッセージを強めるために削除したほうが良いのです。

Very

"really" に当てはまることは全て "very" にもあてはまります。弱い単語です。削除しましょう。

Perhaps/maybe

あなたは自分が主張している内容に自信がないと読み手に思わせたいのですか? "maybe" や "perhaps" のような不確実性のある単語を使うのは、コミュニケーションをしているときだけです。

Quite

書き手が "quite" を使うのは、"a bit", "completely", または "almost" を意味するときです。これらは、あるときには意味を付加しますが、無意味なときもあります。それらを区別することを学びなさい、疑わしいときは削除しなさい。

Amazing

"amazing" の意味は "causing great wonder or suprise(大きな驚き、または思いがけない出来事を引き起こす)" ですが、その意味を失ってしまうくらい多用する書き手がいます。全ての出来事が amazing なら、ある出来事はどのくらい amazing なのだろうか?意味の薄められてしまったこの単語は捨てなさい。

Literally

ある事が書いてあるとおりに正しいならば、"literally" という単語を追加する必要はありません。この単語を使うことを唯一認められるのは、それが意味を明確化するときです(すなわち、あなたがジョークを言っているようだが、そうではないことを説明するとき)。

Stuff

くだけた感じを狙うのでない限り、"stuff"という単語を使ってはいけません。この単語は無頓着で、漠然としていて、しばしばより良い語で置き換えられます。

Things

書き手は、多くの意味を伝えるはっきりとしたより具体的な単語を使うことを避けたいときに "things" を使います。具体的に書きなさい。「10 things(10のこと)」について教えるのではなく「10 books(10の本)」または「10 strategies(10の戦略)」を教えなさい。具体性はより良い文章を生み出します。

Got

この曖昧な単語 "got" を会話で使うときのことを思い出してみましょう。"I've got to go,(行かなくちゃ)" "I got a ball,(ボールを得た)" または "I got up this morning.(今朝起きた)"。 会話ではかまわないのですが、作文においては "got" は貴重な機会を逃します。怠惰な単語で書くよりも、より明瞭でより記述的な言語を探しましょう。たとえば ”I promised I'd leave by 9,(9時までに出かける約束したんだ)" "I picked up a ball,(ボールを拾った)" または "I woke up today,"。


執筆経験にかかわらず、使用する単語を評価することは有益でしょう。あなたの作文をより説得力のあるものにするために不要な語を削除しましょう。

最終更新時間:2013年12月15日 12時37分38秒