トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2004-03

2004-3-31

  いつのまにか


いつのまにか春休みも終盤。
毎度のことだけど、やろうと思ってたことの数パーセントも達成してません。

でも、そんなことはどうでもいいとも思う今日この頃なのです。
さくらが満開です。



2004-3-27

  さくらさくきせつ


外に出ると、さくらが五分咲きくらいです。

思えば毎年、さくらの花というのは違って見えます。
それはさくらの花が変わるのではなく、見る側の何かが変化するのでしょうか。



2004-3-15

  P4


今日は研究室の顔合わせがあったので行ってきた。
ちょっと部屋の中を覗いてみると、Pentium4マシンが4〜5台放置されていた。
なんともったいない・・。

また、研究室の部屋の広さが10あるとしたら、7〜8は使用せずに2〜3のスペースでこじんまりとやっている。
隙あらばMyスペースを2程度確保して個人空間を作り上げたい。



2004-3-14

  自転車


いま、自転車が欲しい。
家にあるのはボロくて自分の体の大きさには合ってないものだ。
そして、家の近くには結構きつい上り坂があるので、こぎやすい自転車がいい。

目をつけているのは無印良品の自転車。
約2万3000円。

うーん、来年度どんな生活を送るかによるなぁ。



2004-3-13

  Support


結局、昨日の夜中から「ネカマ作戦記」を読み始めて今日の朝の5時に読み終えた。
今日は午前9時から、高校でST(Support Teacher)があったので、そのまま眠らずに行くことにした。

時期的に高校生はテスト期間で、すでに数学や英語の試験は終わっていて、残すは古典だけらしい。
STとして来ていたのは、英語と数学の人のみ。
自習室には4人しか生徒がおらず、みんな古典をやっている模様。

そんなわけで、別に誰が質問に来るわけでもなくST同士で英単語しりとりやクロスワードをやって時間が過ぎた。

来週は質問にくるかな〜。
てか、自分が高校生のときのことを考えれば、わざわざ土曜の午前から学校行って勉強するなんてこと、ないんだけどね。(笑


2004-3-12

  休養


今日はなんだかひたすら眠っていたような気がする。
起きたのが昼過ぎなので、13時間以上は寝た計算だ。
それだけ寝ても、やっぱり体がだるいので、一日中休養していた。
(というか、寝過ぎて体が怠かったという説もある)

夜になって、久々に色々な人のwebページを読んでいたら、ネカマ作戦記(olos)というところに行き着いた。
なんとなく読み始めたら、面白かったので全部読んでしまった。
しかし、全て読み終えたあとにもった感想は
「こんなん全部読んで時間潰すなんて、ダメ人間だなぁ。」
である。全部読むのに、5時間〜6時間くらいかかったかも。



2004-3-11

  帰還


1週間の実習を終えて、日本に帰還した次第であります。
今日は風が強くて、空港周辺は砂で視界が悪くなっていた。
気温は思ったよりも暖かく、20℃くらいあったのかな?

成田から東京駅まで、鈍行に乗ったが車内ではひたすら寝ていた。
帰ってからも、結構眠くて23時には就寝してしまった。



2004-3-10

  スキューバ


今日は一緒に行った人にスキューバダイビングに誘われて、やってみた。
ウミガメだとか、きれいな魚が泳いでたり、なかなか面白かった。
海はやっぱり青いんだ、と実感した。あれって、空の青を映し出してるから青いんですかね?



2004-3-9

  ホノルルへ


今日はハワイ島を去り、ホノルルへと向かう日。
ここで、参加者8人のうち2人は帰国した。
残りの6人でUH(University of Hawaii)を見学に行った。

UHはとにかく広い。
大学内をバスが走っていて、学生はそれで移動するくらい。
大学の学食には SUBWAY があり、なぜか携帯電話屋やアクセサリー屋まで露店を出していた。

ハワイ全体でも言えることだが、UHは日本人が多かった。



2004-3-8

  ハワイ観測所


今日はまず、下山して山麓のハワイ観測所の施設内の説明を受けた。
その後、ハワイ観測所所長宅にて懇親会があった。
懇親会というのは、飲み会の別名。

写真は山麓から撮った山頂の写真。
山頂を拡大すると、望遠鏡ドームがいくつか見える。



2004-3-7

  観測


今日は観測の日。
赤外でQSO周りの銀河を探すというもの。

昨日、高山病だと思っていたものは実はハレポハクで飲んではいけない水を飲んでしまったために体調を崩したのかもしれない。
なぜなら、二日目は全く問題がなかったからだ。
高地順応したのか、水に当たったのかは、原因不明である。



  • 体調が回復して何よりですね。気をつけて観測してきて下さい。 - HM (2004/03/10 03:47:43)

2004-3-6

  山頂


今日は山頂に登った。
軽い高山病に罹った。
二日酔いしたときの気分に似ていた気がする。
飲んでもいないのに二日酔いになるのは損した気分だ。

写真右に映っているのが、すばる望遠鏡。



  • お。ついにハワイですな。毎日登ったり降りたりすることになっていたと思いますが、毎日二日酔いでしょうか。(^^; - HM (2004/03/07 06:04:07)
  • 実は高山病ではなくて、飲んではいけない水を飲んでしまったような気がします。 - CO (2004/03/07 21:37:08)
  • むむ。それは本物の二日酔... (違水に注意する必要があるってのは日本じゃ考えられませんな。気を付けて下さい。 - HM (2004/03/08 06:24:46)

2004-3-5

  到着


やってきました、ハワイ。
ホノルル空港からハワイ島に向けて、飛行機の乗り換え。

写真は飛行機から撮影したハワイ島。
(窓越しなので像がぼやけてる)



2004-3-4

  飛行機


ハワイに向けて出発した。

21:00頃に成田空港を出発して、6〜7時間で着くはずだった。
しかしながら、機内で急病人が発生して成田まで引き返すことに。

22:30過ぎに成田空港に戻ってきて、入ったアナウンスは
「成田空港は23:00までしか使用できない規則になっています。燃料を給油している時間がありません。」
もしや、成田に泊まることになるのかと思ったら、
「これより、関西新国際空港に行き給油を行い、そののち、ホノルルに向けて飛びます。」
とかいうことを言われた。

結局、深夜1:30頃になってやっとホノルルに向けて飛び立った。
幸先の良いスタートである。



2004-3-3

  磁気浮上


昨年12月29日の日記に、
http://www.mainichi.co.jp/edu/edunews/0312/25-2.html
というような記事を見て、「これは怪しい」と書いたが、その論文が出ていた。

→Jounal of Applied Physics, Volume 95, Number 4, 15 February 2004
(残念ながら雑誌を購読している機関に所属している人しか見られません ex. 大学)

読んでみたのだが、やっぱり「アーンショーの定理」が覆されているようには思えない。
実験自体は面白いし、間違っていないと思うけど、2次元でやっているように見える。もしくは、制限付きの3次元とでも言えばいいか。
こんな状況でやっている限り、アーンショーの定理には反しない。

論文の中には、微妙な感じでアクリル板に挟まれたパチンコ玉の写真が写っており、
「疑うかもしれないけど、ほら、アクリル板には触れてないでしょ。」
と書いてある。が、それなら最初からアクリル板を取り払えばいい。
やっぱり、アクリル板がないと安定しないのだろう。

彼ら自身、
It is then probable that the plastic wall has a small diamagnetic susceptibility and exerts a repulsive force to stabilize the levitation.
と書いている。つまり、アーンショーの定理が覆ったとは思ってないらしい。
外力が働いていれば、そりゃ安定させることができるわけだ。

検索してたら「3次元でも成功?」と書かれていたが、真偽のほどは定かではない。
結局、新聞やテレビ、ニュースがこぞって誤報してしまっていたのではないだろうか。

この実験は「アーンショーの定理を覆す」実験ではないが「高校生が見つけた面白い現象」かな、と思う。
これが3次元で成功したらびっくりするけど・・。(^^;


2004-3-2

  曇天


ハワイへの出発を明後日に控えて、嫌な情報が入ってきた。

> 今、マウナケアは過去20年で初めてという悪天候のようです。
> 山頂はもちろん、ハレポハクの下でも大雪で登れないとか‥
> おまけに停電とか‥

悪質なデマであることを祈ります。(笑

しかしながら、MK Wether CenterのすばるからのWeb Camsを見てみると、確かになんかやばそう。

山頂に行くのは5日の15:00〜17:00(現地時間)と6日の17:00〜24:00くらいなので、その時間に Web Cams を見てもらうと、どんな状況なのかがわかると思う。
もしかすると、我々が web cams に映るかもしれない。



2004-3-1

  PC欲しい


う〜ん、デスクトップPCのハードディスクがおかしい。
電源を入れるとまずハードウェアチェックが一通り入って、そのあとOSの立ち上げに移行するわけだけど、そこでハードディスクの回転音が止まったり異音を発したりする。

これは明らかにハードディスクの断末魔の叫びだろう。
あ〜、ハワイ行く前で諭吉さんが不足してるから放っておくか・・。
でも、このままじゃデスクトップPC使えないしなぁ。
せっかく Linux 環境整備したのになぁ。

はぁ..。



最終更新時間:2006年10月18日 05時41分38秒