トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2004-4-12

  大学ネットワークの実情


今日、研究室に行ってきました。
研究室のPCは基本的に Linux と Windows のデュアルブートです。
普段は Linux が立ち上がっています。

Windows環境は全然整備されていない(WindowsUpdateもされていない)ようだったので、立ち上げて整備作業をしてみました。
作業中、突然エラーが発生し「30秒後にリセットします」の文字。
・・・。どこかで見たことがあるぞ。

そう、MSBlast に感染してました。
タスクマネージャで見たら、見事に msblast.exe が鎮座してました。

「おかしいな、この大学のネットワークは外部からの接続は遮断している・・。
ということは、内部に他にも感染したコンピュータがあるってことだ。
うちの研究室は普段 Linux しか使ってないから他の研究室の Windows マシンだな・・。」
ということで、同じネットワーク内の皆さん、タスクマネージャでプロセス一覧を見てみてください。msblast.exe はいませんか? 突然強制終了したりしてませんか?



  • ウイルス、ハッキングに対して無防備な大学は多いみたいですね。うちの教授のところにもウイルスメールが大量に来てました。 - HM (2004/04/14 14:30:25)
  • 因みに、固定グローバル IP で、無防備な状態で立ち上げておくと数分で感染することも多いようです。(^^; - HM (2004/04/14 14:31:43)

最終更新時間:2005年12月01日 15時10分48秒