トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2005-12-30

  年末


365日


今年も残すところあと一日となりました。
振り返ってみれば色々なことがあった一年だったと思います。

なんて、毎年同じこと書いていても気がつかないような文章ですが、今年もあと僅かなのです。

上弦、下弦


先日、友達に次のようなことを聞かれました。(私が天文学科にいるからでしょうか?)

「上弦の月と、下弦の月、どっちがどっちなんだっけ?」


「えーっと、月を弓に見立てたときに弦が上にくるのが上弦の月で、弦が下にくるのが下弦の月だろう。だから左が下弦の月で、右が上弦の月になるはずだよね。」

と答えました。ところが、この回答は不正確(というか、間違い)だということにあとで気づきました。
このように上弦の月、下弦の月を覚えていると勘違いしてしまいます。

次の図を見てください。月の出から月の入りを上弦の月、下弦の月について描いたものです。


上弦の月、下弦の月といっても常に弦が上を向いていたり下を向いていたりするわけではないのですね。

「上弦の月は弦が上を向いている、下弦の月は弦が下を向いている。」

という関係が成り立つのは月の入りの時刻だけのようです。うーん、ややこしいですね。
分かりにくい!と思うのですが、昔の人がそう定義してしまったのだから仕方ありません。(@_@;

ちなみにこのような問題は天文学科の人よりも、受験勉強をしている小学生のほうが得意そうな気もします。

(参考) こよみのページ


pimageプラグインは存在しません。


  • 僕は、上弦でもなく下弦でもなく満月が好きです。 - kakita (2006年01月01日 20時48分04秒)
  • 満月が見ていて一番の雄大さがありますよね。 - CO (2006年01月02日 13時05分43秒)
お名前: コメント:

最終更新時間:2006年01月02日 13時05分43秒