トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2009-07

2009-7-25

  NHK BS の不意打ち


先日、NHKの訪問員が、私の留守中に来たようです。
趣旨は、地上契約から衛星契約に変更する必要があるとのことでした。
衛星契約すると、受信料が地上波契約と比べて年間1万円以上アップします。
素直に受け入れられる話ではありません。

どうやら、次のような事情らしいです。

放送法 第三十二条
協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、
協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。

私は最近、引越をして新しいマンションに住み始めました。
そのマンションにはデフォルトで共用のBS受信アンテナが設置されています。
また、最近のテレビにはデフォルトでBSチューナーがついています。
「BS受信アンテナがある」かつ「BSチューナーがある」ことから、
「(衛星)放送を受信することのできる受信設備を設置」していると見なされるようです。

しかし、私はBSを見ていないし、今後見るつもりもありません。
それなのに上記法律を基に、押し売りのような契約を結ばされるのは納得いきません。
実際、ネットで検索してみると、何件も同様の事例が見つかります。
本当に衛星契約を結ばなければいけないのでしょうか?調べてみました。

まず上記の放送法の「放送を受信することのできる受信設備」に我が家の受信設備はあてはまるのか。


テレビの説明書によると、我が家でBS放送を受信するためには、
以下の4つを用意する必要があります。

  1. BS受信アンテナ
  2. BS/UV分波器
  3. BS用アンテナケーブル
  4. チューナーを備えたテレビ本体

1 と 4 は確かに我が家にあります。
しかし私は分波器を買っていません。
また、BSアンテナケーブルは使わないので破棄しました。
つまり、我が家ではBSを受信する受信設備が整っていません。

しかし、ネットの事例を見ると、アンテナとチューナーがあるだけで
契約を迫られているケースが多いです。
もし同様のケースで困っている場合、最終手段としては、
テレビのBSチューナー部だけ、物理的かつ不可逆的に機能を停止させれば良いでしょう。


次に「設置」についてはどう解釈すれば良いでしょうか。
これは NHK の見解として「日本放送協会放送受信規約」に次の記述があります。

規約 第1条 2
受信機(家庭用受信機、携帯用受信機、自動車用受信機、共同受信用受信機等で、
NHKのテレビジョン放送を受信することのできる受信設備をいう。以下同じ。)のうち、
地上系によるテレビジョン放送のみを受信できるテレビジョン受信機を設置
(使用できる状態におくことをいう。以下同じ。)した者は地上契約、
衛星系によるテレビジョン放送を受信できるテレビジョン受信機を設置した者は
衛星契約を締結しなければならない。

これによると「設置」とは「使用できる状態におくこと」です。
では私の場合は「使用できる状態においている」のでしょうか。
そもそも「衛星系によるテレビジョン放送を受信できるテレビジョン受信機を使用できる状態」とは「衛星放送を視聴できる状態」なのか、
「衛星放送が受信可能なテレビにおいて電源は入るが衛星放送は視聴できない」場合も含むのでしょうか。
なんか、わざと曖昧な記述にしてませんか、NHK。

とりあえず、先ほども書いたように、
我が家の受信機(設備のこと、テレビ本体だけの話ではない)は衛星系放送を受信できませんので、
地上契約だけで良いと思っています。

これ訪問員に説明するの面倒い・・・。
「衛星放送を受信できる受信設備は設置していません。」
の一言で引いてくれるといいのですが。





  • 来ました。結局、上のようなことを全部説明し、現在の受信料体系に問題があるよねみたいなことを話し合い、お互いの立場の違いを伝えたら帰ってくれました。一つ盲点だったのは分波器がなくても地上波放送用の口に挿しているケーブルをBS用の口に挿せばBSが視聴できること。でも地上波契約をしているのだから地上波放送にケーブルを使っており、やはり衛星放送を受信できる設備にはなっていないことを伝えました。向こうの対応は丁寧で、一つ一つ論理的に話してくれていたので、印象は悪くありませんでした。 - CO (2009年07月25日 15時07分04秒)
  • お久しぶりです。私のところ先輩と同じような状況です。強制的にBSが写るようになってしまってるので、一応、払ってます。写らないなら、ちゃんと説明すればわかってくれるのでは?? - こっしー (2009年07月25日 23時29分50秒)
  • ええ、ちゃんと説明したら帰ってくれました(わかってくれたわけではないと思いますが)。結局、法律に書いてあるのは「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、 協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。」なので、それをどう解釈するかに違いがあるんですよね。 - CO (2009年07月26日 09時33分39秒)
お名前: コメント:

最終更新時間:2010年11月21日 10時29分46秒