トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

返事をもらうために、より良い勧誘Eメールを書きなさい

返信をもらうためにより良いEメールを書きなさい


(注:このページはこのページの翻訳です。翻訳の正確性については保証できません。)

以前に述べた 3-B Plan は多忙な人にEメールを送る際の良い助言だが、電子的に勧誘をおこなう人にとっては不十分だったかもしれない。Iris Shoor は複数の忙しい人に、Twitter, LinkedIn, Githubでのミーティングを含めて、彼女の新規事業を紹介することに成功した。

彼女のEメールの書式は、次回あなたが忙しい人物にメールを送らなければならないときに使える素晴らしいテンプレートだ。以前に紹介した「Eメールは簡潔に、整理して、トピックに集中しなさい」に含まれるいくつかの助言に沿っているが、Shoor はメッセージを3つの部分に分けた。

  なぜ、どのようにして私はあなたを助けることができるか


忙しい人物は、あなたから何か見返りがない限り、あなたとのミーティングに興味を持たないだろう。まず彼らの前に何かを差し出すことで彼らの注意を引くことができる。それはあなたが経験から学んでいることを共有するくらい単純なことかもしれないが、彼らに動機を与えることが第一だ、と起業家 Steve Blank は言っている。そして、この部分をあなたのメールで最も長い部分にしなさい。

  なぜ私はあなたにメールしているか


Eメールを出した目的を簡潔かつ明瞭に述べなさい。いらつかせてはいけない、彼らにとってあなたは最初の勧誘者ではないのだ。ここでは簡潔さはあなたの味方だ。

  なぜ今なのか、そして私は何がしたいのか


ここがあなたがその人物に期待していることを明確に述べる場所だ。AppSumo設立者の Noah Kagan は、より正確に述べればより良くなる、と助言している。実際、あなたは空いている日を伝える代わりに、受信者がその場で確定できるようにミーティング時間を提案することができる。

Shoorの投稿は、勧誘Eメールを送信する技術へのいくつかの他の見識を含んでおり読むに値する。

最終更新時間:2013年12月16日 07時11分43秒