トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

忙しい人にメールするときは 3-B Plan を実行せよ

忙しい人にメールするときは 3-B Plan を実行せよ


(注:このページはこのページの翻訳です。翻訳の正確性に関しては保証できません。)

あなたが影響力の強い人(通称 忙しい人)と連絡を取りたいならば、彼らにどうやって接触すればよいかを知る必要がある。ソーシャルメディアの流行にもかかわらず、Eメールで連絡を取り合う人は他のどんなオンライン手段よりも多く、今日のビジネスは(ツイートではなく)あいかわらずEメールでやり取りされている。Gregory Ciotti (Sparring Mind) は 3-B Plan を用いてどのようにして事を実現するかについて説明している.

  なぜそれを知る必要があるのか


どのようにして到達可能なEメールを書けばよいかを知ることは、至極簡単なこと、または不必要な技術であるようにさえ思えるかもしれないが、その両者に対して、そうではないことを私は保証する。あなたが人脈作りやパーソナルブランドの構築に熱心ならば、重要人物に対してどのようにEメールすべきかをしらなければならない。重要人物は忙しいのだ。あなたが活躍できるよう助けてくれる人々と接触できるかもしれない偶然の出会いに身を任せてはいけない。それはいつかは起こるかもしれないが、残りの時間はあなた次第なのだ。

Tweetがそれほど影響力がないこと、招かれざる電話はいらだたしいことから、Eメールは連絡するには格好のプラットフォームだ.忙しい人にとっては、受信トレイは、それがタスクとして認識されていても、できる限り迅速に処理したいものなのだ。どのようにして適切にEメールを出すかを理解することは、他者と差異化する技術のひとつであり、影響力のある人と事を起こすのに必要不可欠である。

  3-B Plan


Eメールを読むか削除するかを決めるとき、我々の脳は下記の評価過程を経る。

  1. 誰がEメールを送ったのか?(これはSPAMか?)
  2. 送信者は何がしたいのか?
  3. これを処理するのにどれくらいかかるだろうか?

これら3つ全てをクリアするのは、特に忙しい人に対しては、思ったよりも難しいだろう。ここに、私がゴミ箱行きを避けるために使っている3つのテクニックを紹介する。

Brevity


もし忙しい人が他をさしおいて価値を見いだすものがあるとすれば、それは簡潔さ(brevity)である。もしあなたが一日あたり50-100通ものEメールを受け取っている、またはEメールのチェックにさける時間がわずかしかないくらいの多くの義務を背負っていたとすれば、簡単に理解できるであろう。あなたのメッセージを直ちに(ASAP)読んでもらうためには、あなたのEメールがASAPルール(as short as possible)に従っているのが最も良い。

私はEメールの長さに制限を付けるつもりはない、なぜならそれはケースバイケースだからだ。重要なのは、不必要な情報を削ぎ落とすために、少なくとも一回はEメールを編集することだ。Eメールにおいてあなたの魅力的な人生談なんかは必要ない、ビジネスに必要な "誰が、何を、なぜ" だけを必要としている。

Blunt


率直(blunt)になることは口達者(persuasive)になることではなく、賢くみせようとせずに単純に要点を得ることである。物語とジョークは、他の形態の書き物には必要だが、Eメールには必要ない。なぜ他者が直ちに返信するべきなのかのインセンティブを与えよ。

Basic


私はときどきこれが言及すべきことなのか迷うが、真実はそうなのだ。沢山の画像が貼付けられたニュースレターのようなEメールや、山のような添付のあるEメールを受け取っている(私はそれを読むために何度も「イメージを表示」をクリックしなければならない))。たとえそれがある人物からの一番最初のEメールであっても。

Keep it simple, stupid. (シンプルにしなさい、愚か者よ)

最終更新時間:2013年12月15日 16時49分16秒