トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

Stanford University Commencement 2005

Steve Jobs, Stanford University Commencement Speech 2005


このスピーチは、Apple CEO である Steve Jobs が世界的に有名な大学でもある Stanford University で 2005 年の卒業式の祝辞として行ったものです。

各所で有名なこのスピーチですが、色々な人が日本語訳してくれています。
ところが、各人がそれぞれ Steve Jobs に違ったイメージを持っていて、それが文体に現れています。

一度、自分のイメージで訳してみたかったので翻訳してみました。

  祝辞




今日、世界最高峰の大学から卒業する、君たちと共に居られることは光栄だ。
実を言えば、僕は大学を卒業していない。僕の人生で、いまが最も大学卒業に近づいたときだろう(笑)。

今日は、君たちに僕の人生から3つの話をしようと思う。
大したことはない、たった3つだ。

点と点をつなぐ


一つ目の話は「点と点をつなぐ」だ。

僕はリード大学で最初の6カ月を過ごしたのち退学したが、本当に辞める前に、さらに18カ月を過ごした。
なぜ僕は退学したのか?

それは僕が生まれる前から始まっていたんだ。
僕の生物学上の母は、未婚の大学院生でまだ若かったので、僕を養子に出すことに決めていた。
彼女は僕が大卒者に育てられるべきだと強く感じていたため、生まれた時点で法律家とその妻のもとに養子に入れるよう、全てを整えていた。
僕が生まれたときに、土壇場で彼らが女の子を強く希望したことを除いてはね。

だから、養子縁組みの希望者リストに載っていた僕の両親のもとに深夜1本の電話がかかってくることになったんだ。
「予期せず男の子が生まれてしまったんです。要りますか?」と。
僕の両親は「もちろんです。」と答えた。

あとになって、僕の生物学上の母は、僕の母が大学を卒業していないことと、僕の父が高校も卒業していないことを見つけ出した。
彼女は最終確認の書類への署名を拒んだ。
でも、わずか数ヵ月後に、僕の両親が私を大学に行かせることを約束すると、彼女は態度を和らげた。

そして17年後、僕は大学へ進学した。
しかし、僕は安易にスタンフォードと同じくらい学費の高い大学を選んでしまい、低所得層の両親の貯金全てを僕の学費に費やすことになった。
6ヵ月後、僕は大学に、それに見合う価値を見いだせなくなっていた。
人生において自分は何をすべきなのか、大学がそれを理解するために何を手助けしてくれるのか、まったくわからなかった。
そして、そんなことのために、両親が一生懸命に節約したお金の全てを費やしていたんだ。
だから僕は退学することに決めた。それでもその後はきっと上手くいくと信じた。
当時は相当に怖かったけれど、今になって振りかえると、僕が人生の中でくだした最良の決断の一つだ。
退学を決めたとき、僕は面白くもない必修科目を取るのをやめ、もっと面白そうに見える講義をとることにした。

全然ロマンチックなんかではなかったよ。
寮には僕の部屋はなくて友達の部屋の床で寝ていたし、
食べ物を買うために1本5セントのコーラ瓶をせっせと戻していたし、
毎週日曜の夜は Hare Krishna 教会で週に一度の美味しい夕食を食べるために街をまたいで 7 マイル(≒11km)もの距離を歩いてた。
でも僕はそんな生活を愛していた。
そして僕が自らの好奇心と直観に従って偶然に出会ったことの多くは、後にとても素晴らしいものだったことが分かるんだ。
例を挙げよう。

当時、リード大学はたぶん国内で最高のカリグラフィー教育を提供していた。
キャンパスの至るところにある全てのポスター、全ての引出しのラベルは美しい手製のカリグラフだった。
僕は退学してて普通の授業を取る必要がなかったので、これを身につけるためにカリグラフィーの授業を取ることに決めた。
僕は Serif や San Serif といった字体、異なる文字の組み合わせに変化するスペース、何が見事な字体を見事たらしめているのかについて学んだ。
それは美しく、歴史的で、科学では捉えられない芸術的な繊細さで、僕はそれが魅力的であることを知ったんだ。

このどれも、僕の実際の生活に役立つ望みはなかった。
でも10年後、僕らが最初のマッキントッシュをデザインするときに、全てが甦ってきたんだ。
僕らはそれら全てを Mac のなかに組み込んだ。そして Mac は美しい字体をもつ最初のコンピュータになったというわけだ。

もし、僕が大学のそのたった一つのコースに入ってなかったら、Mac が複数の字体やプロポーショナルフォントを持つこともなかっただろう。
そして、Windows は Mac の単なるコピーなんだから、パソコンがそれを持つことはなかったということだ。
もし僕がドロップアウトしていなかったら、僕がこのカリグラフィーのクラスに入ることもなく、パソコンがいまあるような素晴らしい字体をもつことも無かったかもしれない。
もちろん、僕が大学にいた当時、それらの異なるもの同士を、先を見通してつなぐことは不可能だった。
しかしだ、10年後に振り返ってみると、それはとてもとても明瞭なことだった。

繰り返すが、先を見通して点同士をつなぐことはできない。振り返ってみたときにだけ、それらをつなぐことができる。
だから、君たちはいつか点と点がつながることを信じなければならない。
君たちは何かを信じなくてはならない−勇気、運命、人生、宿命、なんでもいい。
このやり方は僕を不屈にし、僕の人生にいつも大きな変化をもたらしてくれている。

愛と喪失


二つ目の話は「愛と喪失」に関するものだ。

僕はラッキーだ。僕は人生の早いうちに、自分が何をすることを愛しているのかがわかったからね。
Woz と僕が、僕の両親のガレージで Apple を始めたのは20歳のときだった。
僕らは必死に働いて、10年のうちに、Apple はたった2人ガレージで始めたところから従業員4000人以上を抱える年商20億ドル以上の会社に育った。
僕らは1年未満ごとに僕らの最高傑作−Macintosh−を出し続け、僕は30歳になった。
そして僕はクビになった。どうすれば自分が始めた会社をクビになれる?
僕らは Apple の成長に伴って、僕と一緒に会社をやれる才能があると僕が考えた人物を雇い、最初の一年くらいはうまくいった。
でも、次第に僕らの将来に対するビジョンは異なるようになり、やがて不仲になった。そうなったとき、取締役たちは彼の側についた。
だから僕は辞めた。とても公(おおやけ)にね。
僕の人生の中心となっていたものは取り上げられ、そして荒らされてしまったんだ。

数ヶ月の間、僕は本当に何をしていいか分からなかった。
僕は先代の起業家たちを失望させてしまったと感じていた、僕に渡されたバトンを僕が落としてしまったと。
僕は David Packard や Bob Noyce に会って、台無しにしてしまったことを謝罪しようとした。
僕は公衆の面前で大失敗してしまい、シリコンバレーから逃げ出そうとさえ考えたよ。
でもね、次第に僕にはわかってきたんだ。僕がしていたことを、僕は変わらず愛していると。
Apple で起こった出来事は 1 ビットたりとも変わってなかった。僕は拒絶された、でも僕はまだ愛していた。
だから僕はもう一度やりなおすことに決めたんだ。

そのときには分からなかったんだけど、僕が Apple をクビになったことは、それまでに僕の身に起こったことのなかでも最高のことだったかもしれないと判明した。
成功の重圧がもう一度ビギナーとして始める軽さにかわり、全てのことが不確かになった。
そのおかげで僕は人生の中でもっとも創造的な時期のひとつに、自由に入っていくことができたんだ。

その後の5年間で、僕は NeXT という会社と Pixar という会社を始めて、そしてのちに僕の妻となる見事な女性と恋に落ちた。
Pixar は、世界で最初の長編コンピュータアニメーション映画「トイストーリー」を制作し、いまや世界で最も成功しているアニメーションスタジオとなっている。
注目すべき出来事は、Apple が NeXT を買収し、僕がアップルに戻り、そして僕らが NeXT で開発した技術がいま Apple の復興の心臓部になっていることだ。
そして、Laurene と僕が素敵な家族になったことだね。

このどれもが、僕が Apple をクビにならなければ起こらなかったことだ。
薬を味わうのは不快だけど、僕みたいな患者には必要なことだっただろうね。
時に人生は君の頭をブロックで殴りつけることもある。でも信念を失うな。
僕は僕がしていることを愛していた、それが僕を動かし続けたんだと確信している。
君たちは自分が愛するものを見つけなくてはならない。それは恋人探しと同様に、仕事にも当てはまる。
仕事は君の人生の大半を占めるようになるだろう。そこで本当に満足するための唯一の道は、君が素晴らしい仕事だと信じたことをやることだ。
もし君がまだそれを見つけていないならば、探し続けるんだ。止まってはいけない。
全ての心の問題と同じように、それを見つけたとき、きっと君にはわかるだろう。
そして、あらゆる素晴らしい関係と同様、年月が経つごとにきっと素晴らしくなっていく。
だから、見つけるまで探し続けるんだ。止まってはいけない。


三つ目の話は「死」に関するものだ。


僕が 17 歳のとき、こんな感じの格言を読んだ。
「もし君が毎日をあたかも最後の日のように過ごしたなら、君はほぼ確実にいつかまともになるだろう。」
それは僕にとって印象的で、それから33年間、僕は毎朝鏡の中の自分を見ながら自分に問いかけ続けている。
「もし今日が僕の人生最後の日だったら、僕がやりたいのは今日やろうとしていることだろうか。」
そうすると「No.」という日がたくさん続いてしまうとき、僕は何かを変えなければならないと分かるんだ。

自分がそのうち死ぬということを覚えておくと、人生で大きな決断をしなければならない自体に出くわしたときの重要なツールになる。
なぜなら、外からの期待、プライド、失敗や困惑に対する恐れといったものは全て死の面前では剥がれ落ち、本当に重要なものだけが残されるからだ。
君はいつか死ぬということを覚えておくことは、何かを失う思考の罠に捕われずに済む最良の方法だ。
これで君はもう既に裸同然だ。自らの心に従わない理由はない。

約1年前、僕はガンと診断された。朝の 7:30 に僕は診察を受け、膵臓にはっきりとした腫瘍が見つかったんだ。
僕は膵臓がなんなのかさえ知らなかった。医者達は僕に、きっとこれは治療不可能な種類のガンで、余命は 3ヶ月から6ヶ月だろうと告げた。
主治医は、家に帰って身辺整理をするようにアドバイスした。これは医者の隠喩で、死への準備をしろということだ。
それはつまり、今後10年間かけて子どもに教えるつもりだった僕の全ての考えを、たった数ヶ月の間に伝えろということだ。
それはつまり、家族がうまくいくように可能な限り、全てを滞りなく終えておけということだ。
それはつまり、さよならを言えということだ。

僕は一日中その診断に耐えていた。午後遅く、僕は生体組織検査を受けた。内視鏡を喉から入れ、胃と腸を通って、膵臓に針を刺して腫瘍の細胞を少量採取した。
僕は鎮静剤を与えられていたが、そこにいた私の妻は、医者が顕微鏡で採取した細胞を見て、外科手術で治療可能な非常に珍しい種類のガンだとわかり泣きだしたと教えてくれたんだ。
僕は外科手術を受け、ありがたいことに今は元気だ。

これが今までに僕が死に最も近づいたときで、今後数十年はそうであって欲しいと願っている。
僕はこの経験を通して、死が純粋に知識上の概念だったときよりも少しだけ確実に次のことが言える。

誰も死にたくはない。天国に行きたいという人でさえ、そこに行くために死にたいとは思わない。
今のところ、死は皆の共通の行き先になっている。誰もそこからは逃れられない。
そして、それはそうあるべきだろう。なぜならば「死」はおそらく生命のたった一つの最良の発明だからだ。
それは生命の世代交代を担っている。古いものを取り除き、新しいものを生み出すための道を作り出す。
いま「新しいもの」は君たちだが、今からそう長くないうちに徐々に古くなり、やがて取り除かれることだろう。

君たちの時間は限られている。他人の人生のために浪費してはいけない。
ドグマ(常識)に囚われてはいけない、他人の思考の産物に耐えることになる。
他人の意見というノイズで自分の内なる声を掻き消してはならない。
そして最も重要なのは、自らの心と直感に従う勇気を持つことだ。
こいつらは何故か既に、自分が本当に始めたいことを知っている。他の全ては二の次だ。

終わりに


僕が若いとき、僕らの世代のバイブルの一つに The Whole Earth Catalog っていう素敵な本があった。
ここから遠くない Menlo Park の Stewart Brand という名前のフェローがつくり、彼の詩的表現によってその本に命が吹き込まれたんだ。
これは 1960 年代後半のことで、パソコンや DTP ができるよりも前のことだから、それらは全てタイプライタとハサミとポラロイドカメラで作られている。
それはいわばペーパーバックの形をした Google のようなもので、Google が現れる 35 年も前に作られた。理想主義的で、素敵なツールとすばらしい考えに満ちあふれていた。

Stewart と彼のチームは The Whole Earth Catalog を何号か出版し、そしてその役割を終えたとき、最終号を出版した。
それは 1970 年代中盤のことで、僕が君たちくらいの年齢のころだ。
最終号の背表紙は早朝の田舎道の一枚の写真で、もし君たちが大胆な性格の持ち主なら、ヒッチハイクしている自分を見つけられるかもしれない類のものだ。
そしてその下にはこう書いてある。
"Stay Hungry, Stay Foolish."
それは彼らが筆を置くための、別れのメッセージだった。貪欲であれ。創造的であれ。
僕はいつも自分自身にそう望んできている。
そしていま、新たなことを始めるため卒業する君たちに、それを望もう。

"Stay Hungry, Stay Foolish."

ありがとう。

  関連ページ



  関連サイト


スピーチ原稿



日本語訳


最終更新時間:2006年07月18日 11時25分09秒