トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

luminosity function

luminosity function (光度関数)


  定義


絶対等級の関数としての銀河の空間密度のこと。通常は mimetexプラグインは存在しません。あたりの銀河の個数で表す。

  補足


近傍宇宙においては

pmimetexプラグインは存在しません。

でよく再現することができ、この関数系をシェヒター(Schechter)型と呼ぶ。mimetexプラグインは存在しません。は、関数系が指数が効く部分からべきが効く部分に移るあたりの光度に対応し、しばしば銀河の典型的光度とみなされる。

参考文献


p.123


お名前: コメント:

最終更新時間:2005年06月22日 22時40分01秒